個人再生 仙台 デメリット

まずは安心納得の無料相談にお越しください。親身に対応させていただきます。フリーダイヤル0120-489-022

個人再生のデメリット

個人再生には、次のようなデメリットがあります。

  • ブラックリスト扱いになりますので、手続後5年間(または10年間)は、まともな業者からは借金ができなくなります。
  • 官報に掲載されますので、これを見た人には、個人再生を行ったことが知られてしまいます。
  • 手続が複雑で、一般市民が自分で申し立てるのは困難です。

ブラックリスト

他の債務整理手続と同様、個人再生もブラックリスト扱いになってしまいます。

情報が登録される期間は、債権者の中に銀行や一部のクレジットカード会社が含まれている場合には10年、それ以外の場合には5年と言われています。

官報による公告

個人再生を行った事実は官報によって全国民に公告されます。

したがいまして、官報を調べられた場合、個人再生を行ったことが知られる可能性があります。

しかし、官報を見る人は非常に少ないですから、バレる可能性は極めて低いと言えるでしょう。

手続が複雑

個人再生の手続は自己破産に比べて複雑になっており、弁護士や司法書士でも取り扱っていない事務所があります。

したがいまして、一般市民が自分一人で手続を進めることは非常に困難だと言えます。

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士 高野和明
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
仙台・宮城の債務整理ガイドなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真

ページの先頭に戻る