個人再生 仙台 過払い金

まずは安心納得の無料相談にお越しください。親身に対応させていただきます。フリーダイヤル0120-489-022

個人再生と過払い金

過払い金(過払金)とは

司法書士や弁護士が債務整理を受任した場合、まずは利息制限法に基づく引直計算を行います。

この計算の結果、借金の額は適法な額まで引き直されて減額されるわけですが、引直しの結果、既に元本が存在しないケースがあります。

本来ならば借金が存在しないのにもかかわらず、これを知らずに債務者が業者に支払った金銭(=過払い金過払金)は、業者の不当な利得ということになりますので、債務者は業者に対して返還を求めることができます。

個人再生を申し立てる前に過払い金を回収

過払い金を回収せずに個人再生を申し立てた場合、回収が見込める過払い金の全額が清算価値に計上されます。

つまり、債務者は、自分で個人再生費用(弁護士報酬、司法書士報酬、予納金等)を捻出した上に、少なくとも過払い金の額と同額の借金を返済することになります。

逆に、先に過払い金を回収し、その中から個人再生費用を捻出すれば、清算価値に計上される過払い金の額を少なくすることができます。

結果として、先に過払い金を回収するほうが経済的負担を減らすことができます。

よほどの例外的な事案でない限り、過払い金は個人再生申立ての前に回収しておくべきです。

回収した過払い金の使い方

回収した過払い金は自分の財産ですので、本来は自分の自由に使うことができます。

ただし、個人再生申立ての直前に過払い金を浪費してしまった場合、手元には過払い金が残っていないにもかかわらず、清算価値に過払い金を計上しなければならなくなる可能性があります。

そのため、個人再生を行う場合であっても、過払い金の使い道はしっかりと考えなければなりません。

一般的には、次のような使い方は問題ないとされています。

  • 生活費として必要な場合
  • 滞納している税金等を支払う場合
  • 個人再生申立てに関する弁護士報酬、司法書士報酬を支払う場合
  • 個人再生申立ての際に必要な予納金を支払う場合

過払い金の使い方を誤ってしまうと後の個人再生手続において不利になることがありますので、使用に際しては弁護士や司法書士にご相談ください。

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士 高野和明
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
仙台・宮城の債務整理ガイドなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真

ページの先頭に戻る