個人再生 仙台 総量規制

まずは安心納得の無料相談にお越しください。親身に対応させていただきます。フリーダイヤル0120-489-022

総量規制とは

貸金業法の改正により、2010年6月までに総量規制が導入される予定です。

これによって、個人向けの貸付けにおいては、年収等の3分の1を超える貸付けが原則として禁止されることになります。

また、1社当たり50万円超の貸付けや、総借入残高が100万円超となる貸付けには、年収等の資料の取得や調査が義務付けられます。

これまでのように限度をわきまえない融資が行われ、そのせいで返済不能・多重債務に陥ってしまう方を減らすことが目的です。

総量規制の影響

総量規制の導入によって最も影響を受けるのが、利息を返すために自転車操業的に借入れを行っている方です。

借入限度額が年収の3分の1になる・・・ということなので、当然、新たな借入れが難しくなってきます。

そして、新たな借入れが出来なくなると、その時点で利息の支払が滞ってしまいます。

ちなみに、ある試算では、債務者の4割がこの総量規制に抵触するとのことです。

当事務所の経験上も、ほとんどの方が総量規制に引っかかると思われます。

なお、総量規制の導入は2010年6月を予定しておりますが、大手貸金業者は自発的に融資基準を厳しくしており、「突然借りられなくなった」という方はたくさんいらっしゃいます。

事実、当事務所には、突然借入れができなくなったために返済に行き詰ってしまい、ご相談にいらっしゃる方が増えています。

債務整理を急いだほうが良い?

総量規制が始まれば、今まで自転車操業を行っていた方が一気に破綻することが予想されています。

必然的に債務整理の件数が増加しますが、そうしますと、ただでさえ苦しくなってきている消費者金融の経営状態がさらに悪化する可能性もあります。

消費者金融の経営が悪化すれば、任意整理において一括請求をされたり、将来利息の付加を求められたり、和解の条件が厳しくなることが予想されます。

また、消費者金融にお金がなくなれば、過払い金は戻ってきません。

総量規制が始まれば、確実に自分の資金繰りにも影響してきます。

「自分だけは大丈夫」ということはありません。

既に自転車操業に陥ってしまっている方は、早めに債務整理や過払い金請求の手続を始めたほうが良いと思います。

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士 高野和明
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
仙台・宮城の債務整理ガイドなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真

ページの先頭に戻る